「通風」に効くサプリメントとは

「通風」に効くサプリメントってあるのでしょうか?
少し調べてみたので報告しますね。先に答えを言えばあります。
サポニン、カリウム、葉酸、アンセリンなどなど。これらの成分が含まれるサプリメントは尿酸値を下げる効果があるといわれています。
通風というものは、尿酸という成分の異常で起こる症状なので、尿酸値のコントロールを上手に安定させていればまったく問題はありません。
ここでの数値は、7.0mg/dlくらいの平均値を正常としていますが、これは人によって発作が起きる数値は違いがあります。あくまでもこのくらいがベストかなということです。尿酸というものは体中を血液の流れで循環していて、最終的に尿として外に排出されているのです。これが数値が上がると体内で処理できなくなって、体の中で溜まってしまい通風という症状が起こるのです。
中年期くらいになると多くの方が悩んでいると言われるのが通風です。お近くの方で悩んでいる方がいたらサプリメントのことを教えてあげてください。

通風について、ダメダメ紹介

「通風」にダメな食品や成分についてお話します。
まずは、通風ならプリン体がダメということは多くの方がご存知のことでしょう。プリン体はビールにたくさん含まれているので、飲み過ぎに注意してくださいネ。
食事や食品としては
・牛肉・豚肉・鶏肉
レバーや心臓、腎臓、ササミ
・魚
マグロ、イワシ、タコ、イカ、エビ、ニジマス、貝など
・魚卵
カズノコ、明太子、うに
・お酒
ビール
成分としては
・DNA・クロレラ・ローヤルゼリー
通風になったら、世間一般的に好まれる食べ物がNGとなります。症状が出る前に何かしらの対策をしておくと良いと思います。
とくに生活習慣が乱れがちの方、暴飲暴食って方、お酒(とくにビールだね)が好きな方は気をつけないと後で痛い思いをするかもしれません。

お酒は、おつまみなどと一緒に飲むようにしましょう。
お酒だけを飲んでいると、早く酔っぱらうと言われています。このことは人それぞれといった違いはありますが、空腹だと体内で吸収(アルコール成分ね)されやすいものなのです。「酔う」ということを防止するために、何でもいいので先に何かを食べてからがベストなのです。どこかの居酒屋では、お酒を注文すると、お通しに牛乳を出すところもあるそうです。意外と思うかもしれませんが、お酒を飲む前に牛乳を飲むことは良いとされているのです。「胃の中に牛乳の膜を作る」というイメージですかね。他にも酔わない対策みたいなことはたくさんありますから、また今度ご紹介したいと思います。