花粉症と闘う人々

今の時代、花粉症に悩まされている人が年々増えている。花粉症の歴史は確か50年くらいと記憶しているが、当時は一部の人がかかる病気だったのだろう。それが花粉症であるという病気だと認知されていなかったかもしれない。実際70歳以上の人で花粉症だという人をあまり聞いた事がない、現代社会が生んだ病気なのかもしれない。しかしこれからは、花粉症の人口は増える一方である。去年まで大丈夫だと言っていた人がいきなりなったりもする。しかし花粉症を完全に治す薬はまだ開発されていない。花粉症を治す薬を発明したらノーベル賞を取れるとも言われている。

花粉症を乗り切るには

花粉症を完治させる薬はまだ誕生してはいないが、症状を抑える薬は多く発売されている。
その症状はさまざまで、鼻水や目がかゆいといったものが代表的なものですね。目薬やマスクといったアイテムは、絶対にマストだと思いますが、最近は、シーズン前に専門薬の注射を打つという方法が流行っているようです。効き目も高いと、評判なので試してみたいという方は多いのではないでしょうか。毎年、一回打つだけで良いそうです。おすすめ。

TV(テレビ)が原因で視力が低下
私の視力低下の原因といえば、TV(テレビ)です。我が家は部屋が狭かったせいか、私の座る場所とテレビの距離がかなり近く、よく母親からは「近すぎ(テレビから)離れるように」と注意されていましたけど、関係なく近くで見ていました。
これを眼科医院の専門ドクターに話したら「テレビを至近距離で見るのは本当によくない」と言われて、あの時に母親の言うことを聞いておけばよかったと、今更ながら痛感。わずらわしい「コンタクト」がなくなると思うと、ホント後悔しています。