ギターはじめました

私は何か趣味を持とうと思い。いろいろ考えた結果「ギター」を始めることにしました。
当然カッコイイ引き語りに憧れてはじめるのですが、いざ購入して弾いてみると、これがとっても難しい。コードというのがあって、指を決められた弦の上を指先で押さえるのですが、これが難しい。ジャーンっと音が鳴ればいいのですが、音色はブスブスですね。しかも、この押さえた指を移動させながらコード弾きをスムーズに行なわなければメロディーにならないもんですから、ギターは好きじゃないと続けられないと思いますね。カッコつけたい。という不純な動機では、まずムリだと思います。トホホ。

ギターコード「F」ムズい

スゲームズい。ギターを弾きながら歌ってる歌手の皆さんは尊敬に値すると思います。弾くのでも手を焼いているのに、その上歌もって達人の世界ですよね。観るだけなら簡単そうに弾いているかのように観えますが、とんでもなくレベルが高いものだと言う事がわかりましたよ。(アレって本当に歌いながら弾いているのだろうか、マジですごいことだよ)。そして先日も書きましたが、コード進行がまったく出来ない。進行とかの問題ではなく「F」ができないのです。これはギターを一度でも弾きたいと思って、実際にギターを持ったら始めのほうで挫折する理由ナンバーワンになるレベルのやつですね。人差し指を立てて弾くアレです。

占いに翻弄される人々
女性だけじゃなく男性にも人気ですよね。あなたは占いを信じますか。
すこし前、東京の大都会で行列ができるくらい人気がある占い師が、テレビで芸能人を占ったりして世間に占いブームが沸き起こった時期がありました。行列を見ると、客の大半が女性でしたけど。そして、占いも手相や姓名判断といった極めてシンプルなものから、大がかりなものまでと、その種類はどこまで行くのか。
今では、手相や姓名判断だけでなく、動物占いやアメドラ占い、風船占いなど「本当にそんなのでわかるのかい」と、突っ込みたくなるようなものまであります。別に人が何を信じようと構わないのですが、かくいう私も占いを見てもらうのが好きで、事あるごとに占ってもらっています。最近では、占い好きか講じて自分でも占いを始めました。私の占いは「お茶葉占い」興味がある方は、一度お試しあれ。あと、占いは良いことだけを信じるのもハッピーになれますね。