女性の見方

「冷え性に効く食事」について熱く語ります。冷え性の方に効く食事とは、やはり、食べるものなら「熱量」が大事。
基本ですが、食べるものは「熱量」です。栄養表示で見かける「カロリー」は、日本語だとそのまま「熱量」ですよね。食事後に体が軽く熱くなるやつです。そんなわけで、人の体を暖めるのも冷やすのも、すべて食事からです。そこで今回は体を冷やさない効果的な食事のとり方をご紹介します。できるだけ多くの種類の食物をいろいろな形で摂ること肝心なので、体を温めるもの、冷やすものを理解しましょう。体を冷やす食べ物は「冷たくて、砂糖(糖質)をたっぷり含んだ、暖かな場所でとれるもの」反対に、体を温める食べ物は「温かくて、塩分豊富で、苦くて、渋みがある、寒い場所でとれるもの」です。

肩こりを何とかしましょう

原因を知れば対策できる。肩こりを起こす理由はコレだ。
※体の内部、内臓系の病気 内臓系の病気、心筋梗塞、高血糖の糖尿病、貧血などの体の内部の病気が元で肩こりを起こす場合があります。
冷え症の方、冷える場所など体が冷えると、全身の血管が縮んで血行が悪くなるため、肩こりの原因になります。冷える場所、クーラーの効きすぎる部屋に長時間いる場合も肩こりの症状を起こします。
※急な体重増加や肥満、やせ過ぎなど 肥満、急激に太ったり、やせ過ぎなどで、肩の筋肉が乏しい場合、首や肩に重圧がかかり、肩こりの原因になります。

冷たい食べ物の象徴が「バナナアイス」などですよね。考えれば、バナナは熱帯地方のもの。アイスは冷えている。バナナアイスは非常に糖質がたくさん入っている。夏野菜もナス、トマト、ピーマン、きゅうり、オクラなど。も体を冷やしてくれます。反対に体を温めるものがオニオンスープなどです。コレも考えれば、温かい、塩気や苦味があり、寒い場所のものですよね。その他では、刺激のある食べ物は体を温めますよね。