成長期が一番大事です

骨を丈夫にする食事を教えます。骨がちゃんと成長しきれてないと骨折などの原因につながります。成長をサポートする食べ物をきちんと摂りましょう。
「マッシュルーム」は骨を丈夫にしてくれます。
キノコ類が持つエルゴステロールは、体の中に入るとビタミンB2に変わり、カルシウムやリンなどを骨に付着させて、たいせつな骨を丈夫にしてくれます。
椎茸(しいたけ)を太陽の光にあてると、エルゴステロールという物質がビタミンD2に変化します。ビタミンD2は骨を強く頑丈にし、クル病などを防いだり、脳や神経を正確に動かす効力をもっています。これが足りないと、イライラしたり頭の回転が遅くなったりするので、椎茸(しいたけ)を太陽の光にあてて食べるようにするといいですよ。

「栄養、睡眠、運動」で伸びるらしい

親の身長が高くても、必ずしも子供も身長が高くなるとは限らないそうなんです。たくさん食べて、たくさん運動して、たくさん寝る、この三つのことをしっかり行なえば伸びるらしい。小学校で成長期を迎えた私は、この三つのことを行なう前に伸びきってしまったので少し悔しいのですが、自分の子供には絶対、このことに気をつけて行ないたいと思います。でも、子供どころか。結婚もまだですけどね。

骨を作りだすのは「酵母」です
酵母に含有されてるミネラルは、カルシウム、カリウム、鉄分などをたっぷり入っており、これらが骨や歯を作って、体の組織を強くする働きがあります。
牛乳も骨を作ります
カルシウムは骨や歯をつくるとても重要な成分です。年を重ねると、骨に付着するカルシウムよりも流れ出る方が多くなっていきます。
女性の場合、骨が弱くなり、骨折などを起こしやすくなるため、骨の劣化を防ぐために牛乳を飲むことはとても重要です。成長期の子供は特に必要でしょう。